ノーベマイスの"P_takashi"が 日々綴る...大人の愉しみ
KOSHIGOE BEACH FES 2010 7/17 Sat. @ KULA RESORT 9life ON LINE SHOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜トリエンナーレ2011×八戸レビュウ

横浜で開催されている現代アートの国際展示「横浜トリエンナーレ2011」。
その特別連携プログラムであるアートイニシアティブ「新・港村」に登場している、
地域発信の斬新な試み「八戸レビュウ」を体感。

hachinohe_review_1.jpg

八戸レビュウ」とは...
八戸を愛する八十八人の市民ライターが書き上げた思い思いの文章と、
その市民を被写体とし 個性豊かな写真家達が切り取った実像、空気。
八戸で生きる方々の人生の断片から伝わってくる愛、決意、価値観。
背景にある歴史、伝統、文化。

hachinohe_review_5.jpg
hachinohe_review_6.jpg

そんな全てが凝縮された書籍という"媒介"が「八戸レビュウ」であり、
今回はその媒介が"展示"という形にカスタマイズされた。

hachinohe_review_3.jpg
hachinohe_review_2.jpg

僕にとって 生まれた場所でもなく、育った場所でもない、
見ず知らずだった北の地は、今では大切な心のふるさとだ。
自身のルーツである鹿児島、育った川崎、住まいの鎌倉と
同じくらい大切で尊い地だ。

この北の地 八戸を更に知り得るに適した企画に
以前から大注目をしていた次第ではあったが...

hachinohe_review_4.jpg

実際に「八戸レビュウ」の書籍・展示を拝見し感じたのは、

『八戸を更に知り得ること』のみならず、
企画の中に散りばめらた『地域が活きる形、手法の妙味』だった。

そして『その地域を想う強さ』と
『それを第三者が愛と感性をもって具現化する心意気』だった。

見応え、感じ応えある素晴らしい企画に脱帽。


八戸レビュウ」の詳細について
http://hacchi.jp/ha/op-art-project/hachinohe-review.html

=====================

【追記】

この「八戸レビュウ」にも登場していた、相方の同級生が
八戸発信で取組んでいる「ひまわりリレー」を次トピックでご紹介...

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://novemais.blog23.fc2.com/tb.php/757-39e764f5

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[twitter] P_takashi

   

[twitter] nove+

PVカウンター

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

P_takashi

Author:P_takashi

鎌倉拠点に企画活動、コンセプトは「大人を愉しむ」。 「nove+(イベント企画等)」、「9life(生活雑貨,食,地域に纏わる企画等)」を展開中。日頃は案外真面目な会社員、育児にも奮闘中。最終的には、自らの「経験」「気付き」の全てを「次代の子供達が楽しめることに転化」を目論む。


<information>
相方が店主を務める鎌倉腰越発信のオンラインショップ『9life(ナインライフ)』 陶器、作家作品、雑貨、文具など、日常のひとこまが愉しくなる商品をディレクション 及び厳選販売中 → http://www.9life.jp/



PVカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。