ノーベマイスの"P_takashi"が 日々綴る...大人の愉しみ
KOSHIGOE BEACH FES 2010 7/17 Sat. @ KULA RESORT 9life ON LINE SHOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりの独りごと

いつもと異なる2011年のが、
色々な想いと共に往く。

koshigoebeach2011.jpg

今年も『大人海水浴』は実に愉しかった。
例年であれば、いつも"イベント"という渦中に居て、
心も体もゆっくり開放出来る瞬間さえない

今年は盟友達との思いつきで、平日月曜に
ただただKULAに遊びに伺うことに。

当初は10名前後で泳ぐ予定だったが、
あれよあれよで50名弱がご参集。

思い思いの時間を 往くを惜しむように
過ごしているみんなの姿が印象的だった。

僕は初めて砂浜の上に娘を抱いて腰掛け、
の夕暮れに浮かぶ江ノ島を一緒に眺める事が出来た。
上手く言えないけれども、これまでで一番印象的な江ノ島だった。

38歳になっても、相変わらず苦手なの終わり。
この儚さを含めてなのだけれども。

==================

<ご協力御礼 / 被災地支援"秋冬物衣類"募集終了!>

この日含め、沢山のお気持ちお預かりしました!
ご協力有難うございました!!
スポンサーサイト

八戸ひまわりリレー

八戸で花開いたひまわりの種と、
その種に込められた想いを預かって鎌倉に戻ってきた。

gg-8_1.jpg

下記、「八戸レビュウ」にも登場している「gg-8」のashukk代表を中心に、
八戸発信で取組まれている「ひまわりリレー」をご紹介したい。

gg-8_2.jpg

青森県八戸市「gg-8」(ゲリラ・ガーデニング・エイト)について
http://flower777.mimoza.jp/article/17857765.html

「gg-8」ひまわりリレーについて
http://himawari-r.riuka.com/

「gg-8」blog
http://blog.gg-8.com/

相方の同級生でもあるashukk代表から託された24袋のひまわりの種...

来年のGW頃 共感して頂ける方にもこの種を託し、
思い思いの場所に植えて貰えたらと思っている。

そして来年の夏、北への色々な想いをこちらでも開花させて、
その様子を八戸に送り返そうと画策している。

僕自身ももちろん、このひまわりを育てる。
自宅のみならず、このひまわりを植えてみたい、
鎌倉のあちこちを思い浮かべながら今年の夏を見送る。

横浜トリエンナーレ2011×八戸レビュウ

横浜で開催されている現代アートの国際展示「横浜トリエンナーレ2011」。
その特別連携プログラムであるアートイニシアティブ「新・港村」に登場している、
地域発信の斬新な試み「八戸レビュウ」を体感。

hachinohe_review_1.jpg

八戸レビュウ」とは...
八戸を愛する八十八人の市民ライターが書き上げた思い思いの文章と、
その市民を被写体とし 個性豊かな写真家達が切り取った実像、空気。
八戸で生きる方々の人生の断片から伝わってくる愛、決意、価値観。
背景にある歴史、伝統、文化。

hachinohe_review_5.jpg
hachinohe_review_6.jpg

そんな全てが凝縮された書籍という"媒介"が「八戸レビュウ」であり、
今回はその媒介が"展示"という形にカスタマイズされた。

hachinohe_review_3.jpg
hachinohe_review_2.jpg

僕にとって 生まれた場所でもなく、育った場所でもない、
見ず知らずだった北の地は、今では大切な心のふるさとだ。
自身のルーツである鹿児島、育った川崎、住まいの鎌倉と
同じくらい大切で尊い地だ。

この北の地 八戸を更に知り得るに適した企画に
以前から大注目をしていた次第ではあったが...

hachinohe_review_4.jpg

実際に「八戸レビュウ」の書籍・展示を拝見し感じたのは、

『八戸を更に知り得ること』のみならず、
企画の中に散りばめらた『地域が活きる形、手法の妙味』だった。

そして『その地域を想う強さ』と
『それを第三者が愛と感性をもって具現化する心意気』だった。

見応え、感じ応えある素晴らしい企画に脱帽。


八戸レビュウ」の詳細について
http://hacchi.jp/ha/op-art-project/hachinohe-review.html

=====================

【追記】

この「八戸レビュウ」にも登場していた、相方の同級生が
八戸発信で取組んでいる「ひまわりリレー」を次トピックでご紹介...

八戸帰省記 ~震災後の"今"から感じたこと~

今年の夏休みは丸々1週間、
相方の実家 青森八戸に帰省し
8/15(月)に鎌倉腰越へ戻ってきた。

hachinohe201108_1.jpg

---------------------

震災当日 八戸漁港を飲み込む津波の猛威と、
5月中旬頃の漁港復興模様。

hachino_tsunami_1.jpg
hachino_tsunami_2.jpg

奥に見える黄色い橋から徒歩3分程の場所に、
相方の生家がある。

---------------------

今回の帰省中 1週間で...
津波の爪痕残る八戸漁港、三陸寄りの海岸を見た。
相方の両親、親戚、友人各位から、あの日の一部始終を詳しく聞いた。
想像を絶する恐怖を改めて思い知った。

hachinohe201108_2.jpg

でも、それ以上に強く心に残ったのは、
この苦境を乗り越えようとする 八戸の皆さんの勇気と気概だった。
そして、生きて行くことを大局的に捉える感覚だった。

---------------------

昨年末八戸で誕生し、2月まで相方の生家で暮らしていた、
生後8ヶ月の娘は、この1週間で何を感じとっただろうか。

hachinohe201108_3.jpg

まだ言葉もわからない乳飲み子だけれども、
八戸の皆さんの この勇気と気概を直感的に吸収していて欲しい。
それを生きる力に変えて、未だ見えてこない行く末にある困難を乗り越えて欲しい。

そんな事を切に思いながら、僕達世代がやるべき事を
コツコツと続けて行かなければと思った。
たとえそれがどんな些細な事でも。

---------------------

青森代表 八戸光星学院が今日も勝ち進み、
ベスト4入り一番乗りを果たした勇姿が、
今 ニュースで流れている。

[告知] 8/29(月) 鎌倉腰越海岸 大人海水浴

気候も諸状も未だ夏らしからぬ2011年。

せめて夏の終わりぐらいは、
いつものように愉しく。

20110829.jpg

往く夏を惜しみながら、
平日に愉しむ大人海水浴

ただただ湘南の海と音楽と
お酒を愉しむだけの一日。

------------------

2011大人海水浴
@鎌倉腰越海岸 KULA RESORT


【日時】
2011/8/29(月)
お昼前から適当に集合~20時に一旦解散予定
※雨天、荒天の場合は中止

【場所】
鎌倉腰越海岸 KULA RESORT
http://kula-resort.com/

【DJ's】
Takita/Sugo/Teppei/Fukada/P_takashi and more...

【参加者】
"月曜日"に休める方、サボれる方であればどなたでも可

【参加費】
海の家利用料(1,500円 ※海水浴利用の場合のみ)、個々の飲食費以外特になし

【補足】
当日の災害、事故等に関しては全て自己責任

【幹事】
nove+(ノーベマイス)
『毎夏湘南で"大人のためのビーチイベント"を主催する等、
湘南、都内で企画活動を展開する有志』
http://shonan.keizai.biz/headline/1040/

------------------

是非 奮ってのご参加を!




==================

<ご協力依頼 / 被災地支援"秋冬物衣類"求む!!>

長袖Tシャツ 1枚から是非。
東北の夏は短く、徐々に迫る秋冬。
気仙沼でご自宅を流されてしまった、
30代のあるご夫妻を基点に、ご親戚、ご友人に、
心ある皆さんのお気持ちを届けられたらと。

【募集内容】
長袖Tシャツ、シャツ、スウェット、ニット、ズボン、アウター
男性物はLサイズ、女性物はMサイズ、Lサイズ

【募集期間】
2011/08/02(火)~8/31(水)

【お預かり方法】
中村隆、陽子 に直接手渡し
(今回 郵送等のお預かりは一先ず致しません)
ご不明な点は、お電話、メール、TwitterDMにてお問い合わせを。

この大人海水浴の日にご持参頂ける方はご協力を!!

==================

 | HOME | 

Calendar

07 « 2011/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
[twitter] P_takashi

   

[twitter] nove+

PVカウンター

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

P_takashi

Author:P_takashi

鎌倉拠点に企画活動、コンセプトは「大人を愉しむ」。 「nove+(イベント企画等)」、「9life(生活雑貨,食,地域に纏わる企画等)」を展開中。日頃は案外真面目な会社員、育児にも奮闘中。最終的には、自らの「経験」「気付き」の全てを「次代の子供達が楽しめることに転化」を目論む。


<information>
相方が店主を務める鎌倉腰越発信のオンラインショップ『9life(ナインライフ)』 陶器、作家作品、雑貨、文具など、日常のひとこまが愉しくなる商品をディレクション 及び厳選販売中 → http://www.9life.jp/



PVカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。