ノーベマイスの"P_takashi"が 日々綴る...大人の愉しみ
KOSHIGOE BEACH FES 2010 7/17 Sat. @ KULA RESORT 9life ON LINE SHOP

手打ち蕎麦 佳人(かじん)/鎌倉腰越

647545112_3.jpg


今年も早いもので、あっという間に大晦日。
昨年以上に慌しい一年だったけれども色々な意味で充実していた。

そんな一年を振り返りながら、楽しみにしていた年越し蕎麦を自宅で。
この年越し蕎麦は、近所にできた手打ち蕎麦屋さんで事前予約していたもの。

上記文中のリンク(先にアップしていたmixi日記より)にも書いた通り、
細くてコシのある手打ち蕎麦は、自宅の大鍋で50秒さっと茹で・・・
とにかく美味しく頂けた。

■茹でる前
IMG_1682.jpg


■美味しいお蕎麦はシンプルに
IMG_1683.jpg


年明けはまたお店でゆっくり飲みながら、この蕎麦を頂こう。


と、いう事で皆様 良いお年を!!



お店情報
------------------------
そば切り 佳人かじん
℡:0467-32-8858
鎌倉腰越3-14-9
http://www.kajin.yokohama.walkerplus.com/


独断と偏見で恐縮・・・
------------------------
味(美味しさ)   :★★★★☆
店(お店の雰囲気):★★★☆☆
人(接客、サービス):★★★☆☆

東京ディズニーリゾートに視る、顧客満足度

誕生から何年経っても色褪せることのない、
究極のエンターテイメント施設、東京ディズニーリゾート

micky.jpg

大人も子供も共にその『夢の国』で楽しい時間を過ごす事ができる。
それはディズニー好きでもない僕のような大人も含めて。

業界内でも注目されているディズニーリゾートの『顧客満足度』の所以。
誰にも頼まれていないけれども、Pなりに分析してみたりした。

More...


音楽座 ミュージカル メトロに乗って/東京芸術劇場

geijyutsu.jpg

池袋 東京芸術劇場へ。
音楽座 ミュージカルメトロに乗って”を鑑賞。

あまりに感動し過ぎて・・・
感想をここで述べることなんてできないけれども・・・
とにかく『生きる事への活力』を感じた 素晴らしい作品だった。

あの『鉄道員(ぽっぽや)』で有名な、浅田次郎さんの原作も読んでみたいと思う。

最前列の真ん中の席で鑑賞させてくださった、○○さん!
本当に本当に有難うございました!!
パワー沢山頂きました!!素敵でした!!
明日の千秋楽頑張ってください!!

九州の地魚料理 侍~さむらい~/赤坂

仕事納めの忘年会はこちらで。
九州の食材を使った数々のお料理を頂く。

■芋焼酎はやはり薩摩切子で。
IMG_1492.jpg


■辛子高菜&酒盗
IMG_1493.jpg


■胡麻サバ&じゃこ天
IMG_1491.jpg


■熊本産馬刺し
IMG_1494.jpg


■国産和牛の丸腸を使ったもつ鍋
IMG_1495.jpg



レアな芋焼酎のラインナップもあり、アットホームな店内・接客も魅力。
個人的には、父の郷里 甑島鹿児島県)の芋焼酎 六代目百合 が
グランドメニューに入っているところもかなりポイントが高い。

「まっちゃん」と名札を付けている料理人さんが気さくで色々と教えてくださる。

ランチもやっているということなので、年明けにお邪魔しようと思う。

お店情報
------------------------
九州の地魚料理 さむらい
℡:03-3584-1150
港区赤坂3-6-18 2F


Pの独断と偏見では・・・
------------------------
味(美味しさ)    :★★★★☆
店(お店の雰囲気) :★★★★☆
人(接客、サービス):★★★★☆

ラッキー5円(ご縁)

5en.jpg

2年越しの願掛けにより・・・
ここ数日 僕的には凄い事が起きている。
(案外信心深い?笑)

More...


2軒目はシングルモルト

single.jpg

1次会はディープな七厘屋のカウンターでホルモンや鶏肉を。
そんなこってりした飲みの後は、Barに移ってシングルモルトで口直し。


今週は毎晩忘年会が続く・・・


今夜は1つ年下の従兄弟との忘年会。
年下ではあるけれども僕より大人なスマートな男だ。
夏に関西から転勤してきたこの従兄弟とは味覚も酒の好みもとってもよく合う。

そんな従兄弟が「2軒目は、Barでシングルモルトいこか」と。

従兄弟が頼んだのは、タラモアデュー
僕はラフロイグ。 (共にうんちく省略)

1軒目と2軒目に、いい意味でのギャップを与えて『飲むこと』を愉しむ。
その充足感を改めて感じた夜だった。

※1軒目の某七厘屋(現在、新橋飲み屋でマイベスト!)、2軒目のBarについては
 また後日触れることとしたい・・・

スーパーショートケーキ ホテルニューオータニ/紀尾井町

cake.jpg


当ブログでは「大人が愉しめる」食・お酒・お店についても触れさせて頂ければと。



今年のクリスマスケーキは、ホテルニューオータニの スーパーショートケーキ

各メディアでも有名なパティシエ、中島眞介氏がこだわりまくったこのケーキ。

何が凄いって生クリームのとろけるようなやわらかさが半端ではない。
口の中で一気にとろけるようなこの生クリームをふんだんに使ったショートケーキ
さすがに「スーパー」を名乗るショートケーキだ。

お値段は1つ1050円と決してお安くはないが、年に1度ぐらいであれば
バチもあたらないであろう・・・

[報告]2007 nove+ X'mas mix @青山ever 終了!



2007/12/22 event

大人になってもクリスマスは気持ちが『高揚』するイベントでありたい。
またその『高揚』を集う皆での『共感』に変え、
想いとして残る時間をご提供できれば・・・


2007年12月22日(土) 青山everにて無事終了!
お越し頂いた皆様、またイベントを盛り上げてくださった出演者各位、
青山everの皆様、そしてnove+の仲間達、本当に有難うございました!!


↓当日のダイジェスト画像がアップされました!(12/28)
http://holyisland.blog75.fc2.com/blog-entry-277.html
↓更に追加してくださいました!(1/1)
http://holyisland.blog75.fc2.com/blog-entry-282.html
(holyisland小島代表のブログより)


イベント開催までの軌跡はこちらのmixiコミュを
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2248050


イベントご参加人数 『169名』

クリスマス連休、雨天という状況下の中 これだけの方にご来場頂き
オーガナイザーとして心より感謝致します。


[イベントライブラリー]
イベント直前・・・打合せ模様
IMG_1382.jpg

IMG_1380.jpg

■さぁ、イベントスタート!
IMG_1385.jpg

IMG_1386.jpg

IMG_1383.jpg

IMG_1384.jpg

IMG_1387.jpg

■DJ OWL
IMG_1389.jpg

■DJ MORITAとベストドレッサーをとったユウスケさん、そしてサヤカさん、ヨウスケさん
IMG_1390.jpg

■Pの20代イベントをスタッフリーダーとしてささえてくれたヒメとそのお友達マツタクさん
IMG_1391.jpg

■「これぞ、パーティーピープル!」の真髄をご披露頂いたシガーサーバTakiさん
IMG_1392.jpg

■夏のKULAイベントでライブ出演してくださった・・・
 『North Carolina South Beach』のみんな
IMG_1393.jpg

IMG_1394.jpg

■DJ SUGO
IMG_1395.jpg

■アヤさん&コウヘイくん
IMG_1396.jpg

■maimai&P
IMG_1397.jpg

■ライブ前のShadeさん(JILTYSOUL)とUmayのソウルメイト フサちゃん
IMG_1399.jpg

■DJ MORITA
IMG_1400.jpg

JILTYSOULライブスタート!!
IMG_1401.jpg

IMG_1407.jpg

IMG_1408.jpg

IMG_1412.jpg

IMG_1414.jpg

IMG_1415.jpg

IMG_1410.jpg

IMG_1406.jpg

IMG_1431.jpg

■DJ Umayはダンサー(こちらが本職)としても登場!
IMG_1404.jpg

IMG_1405.jpg

■ライブfeaturing Gest Meajyuさん
IMG_1418.jpg

■同じくライブfeaturing Gest Junearさん
IMG_1420.jpg

IMG_1422.jpg

■ライブ舞台裏よりUmay& Meajyu
IMG_1427.jpg

■ライブを見守るDJ陣 手前から MORITA、MAYU、SUGO
IMG_1429.jpg

everのBarも長蛇の列に・・・
IMG_1402.jpg

■バースデーサプライズ Kさんと
IMG_1439.jpg

■ベストドレッサー賞受賞!ダンサーのMAKOTOさん
IMG_1440.jpg

■A社O社長に頂いたお花
IMG_1442.jpg

■Takiさんが残していってくれたシガー
IMG_1443.jpg

■kotoがyokoにプレゼントしてくれたお洒落ソープ
IMG_1449.jpg

■OWLがデザインしてくれたロゴ、それをUmayが加工してくれたシール
IMG_1452.jpg




~イベントご出演者、関係者等の関連リンク集~

[Special Live Guest/JILTYSOULのHP]
http://www.jiltysoul.com/

[Special Live Guest/JILTYSOULのmixiコミュ]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2543702

[feat.Vocal/MeajyuのHP]
http://www.squire.jp/4real/meajyu/

[feat.Vocal /Meajyuのブログより]
http://ameblo.jp/meajyu/entry-10061668769.html

[feat.Vocal /MeajyuのMy space]
http://www.myspace.com/meajyu
※上記写真から数枚をTOP画像にアップしてくださいました!

[feat.Vocal /Junearのmixiコミュ]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2027630

[Cigar Serve Taki/葉巻・シガーmixiコミュ]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2563302

[Cigar Serve Takiが盛り上げてくださった nove+ mixiシガートピック]
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=25866612&comm_id=2248050

[ベストドレッサー賞を受賞したダンスパフォーマーMAKOTOさんのブログ]
http://makotoshow.exblog.jp/

[ベストドレッサー賞を受賞した靴職人ユウスケさんのHP]
http://www.bespoke-yo.com

[イベント模様を撮影してくださったholyisland小島代表のHP]
http://www.holyisland-co.com

[同じくholyisland小島代表のブログ]
http://holyisland.blog75.fc2.com/

[nove+スーパーバイザー Umay(Dance、DJ、Produce)/ブログ:Umebro]
http://ameblo.jp/umay

[nove+ DJ、Designer OWL/ブログ:IN&OUT]
http://ameblo.jp/djowl/



[Special Thanks by P  ※順不同]
遊びに来てくださった・・・
A社/O社長・クミさん
S社/T社長とそのお仲間の皆様
KULA/マコト代表
ダンサー/MAKOTOさん(祝☆ベストドレッサー賞!)
North Carolina South Beach/costa、ユウさん、ナツキさん、マサハルさん
愛すべき同僚/kazuo、トモイチロウ、イトウトモ、ツノ、タムちゃん、ミワ様、マリマリ、オバタさん、ヨシマツ嬢
ユウコちゃん、ナカムラさん、クマチ・アライさん、ササキさんとそのお友達
チーム八高/フミコ、マッチャン
波チャン&鎌倉ローカルサーファーチーム/スギモトさん・ミヤモンさん・アニキ・そのお仲間の皆様
ことちゃんチーム/イシクラさん、ナカイくん、アサダさん
DJ モリモリチーム/コウヘイくん、靴職人ユウスケさん(祝☆ベストドレッサー賞)とそのお仲間の皆様
DJ マユチーム/ラテン&○大仲間の皆様  
DJ マユコのソウルメイト アリサさん
他 nove+メンバーのゲストの皆様
mixiやイベントサイトをご覧になりお越し頂いた皆様

打ち上げまで参加してくれた・・・
ヒメ、マツタクさん、アボマーちゃん、ブラジール(エリカ)、フサちゃん、マーキー、アキさん、アヤさん

ご出演頂いた・・・
JILTYSOUL(BU-NI、 SHADE、BR'z、 TSUTAYA、K.U.B.O)
、Meajyu 、Junear 、SHOJI&O-CHAN

イベントを盛り上げてくださった・・・
シガーサーバTaki

イベント撮影をしてくださった・・・
holyisland小島代表

デザイン関係をご支援頂いた・・・
Yasuo&Mio、Nassy

会場 青山everの・・・
イケダ店長、スタッフの皆様

nove+ DJ陣・・・
SUGO、Umay、OWL、MORITA、MAYU、MAYUKO

nove+運営チーム
koto、maimai、sae、nana、yoko

心より御礼を・・・
みんな最高です!!
有難うございました!!!



まだまだ至らぬ点が多々ありますが、今後もまた楽しい時間を
皆さんと是非ご一緒に!!

次回、nove+大人イベントは 2008年7月12日(土)。
舞台を湘南腰越海岸に移し、来夏で3周年を迎える
ラグジュアリービーチリゾート KULA のオープニングイベントとして登場します!

それまでの企画、開催過程のリアルタイムドキュメントも含め、
こちらのブログ・mixiコミュニティでもご報告を。

乞うご期待!!


↓コチラにも是非ご参加を!!
nove+ mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2248050

37.夢の語り方

同じく某セミナーで、話題の女性起業家の方のお話しにあった言葉。

『先ず ①在りたい姿(未来像)を語る。
次に ②思い立った原点を語る。
最後に ③ ②から①を目指し歩んできた今日までのプロセス(進捗)を語る』

人は「人が進捗する姿」に心を打たれる。

[2009.9.28記]

36.「目的」と「目標」の違い

同じく某セミナーで、話題の女性起業家の方のお話しにあった言葉。

『目的とは、達成が叶わない永遠のテーマ。
目標とは、達成が叶い 更に数値化も出来るテーマ』

例えば製薬会社に置き換えてみる。
目的は、病が根絶する健康的な世の中を創生すること。
目標は、そんな世の中が少しでも実現出来るような製薬に勤しむこと。

目標は、企業努力で部分的にでも達成出来る。
でもそれを目的としてしまったら・・・達成した時点で廃業するのか?

そう考えると、「目的」と「目標」は明確にすみわけをしなければならない。

[2009.9.28記]

35.ウサギがカメに負けた理由

某セミナーで、話題の女性起業家の方のお話しにあった言葉。

『ウサギはカメに勝つ姿を思い描いていた。
カメは自分がゴールである頂上に立つことを思い描いていた』

要は、「何にFOCUSして歩みを進めるか」が大切だという事。

勝負すべき相手は自分次第。

[2009.9.28記]

34.作り手の「気」と「パワー」

たまたま流れていたNHKの番組に登場した、
料理研究家 辰巳芳子さんの言葉。

『作り手の気とパワー、
要は如何に真剣になって料理をするかが味となって現れる』

鎌倉山にお住まいで、現在では手作りスープの達人としても著名な辰巳さん。
彼女が料理についての想いを語るそのオーラは画面を通じてでも伝わってきた。

これが自分の道に気付き、そして極めた方の姿なんだろうな。


もうひとつ辰巳さんの言葉で心に残ったのが、

『その土地の食材、旬の食材は、人間の体調を自然に整えてくれる』

だからこそ、四季のある日本は"旬"を大切にして来たし、
それを愉しむ術も持ち合わせて来た。

しっかり僕ら世代もそれを"知る"努力をしないとな。

[2009.9.18記]

33.日本には素材と技術はあるが「デザイン」がない

東京で活躍する新世代デザイナーの中でも、
特に注目の存在であり、旧友でもあるY・K氏の言葉。

『日本には沢山の素晴らしい"素材"と、古来から伝承された"技術"がある。
 そこに欠落しているのが"デザイン"で、その"デザイン"が"素材"と"技術"の
 集結である"工芸"を再生させなければいけない』

益子行きを全て段取りしてくれた旧友がボソッと呟いた一言。

彼のような大それた目的や目標は持てないけれども・・・

ここ数年僕ら夫婦が思いあぐねていた"自然・歴史・文化"への想い、
そして"日々の生活の愉しさ豊かさ"への想いとのリンクが・・・

頭の中に閃光が走って、何かが弾けた。
さぁ、どうする?どうしたい?


更には・・・

これって、工芸とデザインの関係のみならず、
ITにも言える事だとも感じた。

素晴らしい"開発土壌"と、素晴らしい"技術"があるにも関わらず、
それを"どう活かすか"、"どう付加価値をつけるか"を
今一度考え直さなければいけないフェーズまで、
時は流れた雰囲気が常に肌感覚としてある。

今、そして今後求められる"テクノロジー"や"サービス"も
他のフィールドと比較しながら頭の中で捉えてみると整理がし易いのかも。

そして、その成果を"どうアーキテクト"しつつ、
実のある"プロモーション"を実践出来るかが勝負だ。

[2009.9.12記]

32.ただ淡々と「創る」だけ

同じく陶芸の聖地 栃木県益子で、
"次代を担う作家"との呼び声高いOさんの言葉。

『僕は、ただ淡々と創るだけ・・・』

大地に抱かれた工房と、その工房に並んだ繊細な作品を
拝見した後という事もあり、そのストイックな感覚が胸に響いた。

そして更に付け加えられた一言。

『淡々と創る全ての"ひとつひとつ"に、納得はしている』

これぞ、モノづくりに携わる方々の在るべき気概なのだと感じた。
説得力と重みのある一言をまだ受け止めきれていない自分がいる。

だからこそ、この日からまた沢山の事を考えている。

[2009.9.11記]

31.日本の工芸を「転換」していく

陶芸の聖地 栃木県益子で、
30年以上 窯を構える重鎮作家Yさんの言葉。

『工芸を転換していく』

その転換がなければ「未来はない」と仰った。

まず要素のひとつとして語られたのは、
「時代やニーズ」の事でなく、「作り手のエゴ」についてだった。
著名な先生にも関わらず何とも・・・

日本が誇る「工芸」の文化と歴史を守り伝えて行くには!?
まず何が「転換」の一助となるのか!?

まだ疑問系のままで、心に残った言葉。
でもそれだけ胸に刺さりっぱなしの重みある言葉。

[2009.9.11記]

30.物事を「可視化」する

最近僕の中でアツい、お仕事絡みの某マネージャーからの言葉。

『物事を可視化する』

「可視化」とは、人間が直接「見る」ことのできない現象や事象、
あるいは関係性を、「見る」ことのできるもの
(画像、映像、グラフ、図、表など)にすることをいう。

プロセス、結果、いずれも「主観」のみならず「客観」が容易となるよう、
常に「可視化」する(出来ない場合もイメージをする)クセをつけよう。

「主観」「感情論」に偏りがちな未熟者にはパンチのあるご指摘。

[2009.8.19記]

29.「日本型イノベーション」のあり方

東大教授 堀井秀之先生の経済論説より。

『日本型イノベーション』
生活者の感性を今こそ呼び起こせ...

「イノベーション」
新機軸・刷新・革新の意。
生産技術の革新に限らず、新商品の導入、
新市場または新資源の開拓、新しい経営組織の実施
などを含めた概念。
日本では技術革新という狭い意味に用いる。
↑この部分に問題の本質がある。

技術開発を得意とするがゆえに、「イノベーション」を「技術革新」
という狭い意味でしか用いてないケースがねじれを生じさせている。
激しい技術開発競争の中で、「技術目標達成」に専念するあまり、
いつしか「手段」が「目的」となってしまった。
「価値の創出」が目的であるのに、価値創出の手段である
「技術開発」が目的となってしまった。

「イノベーション」の本来の意味に立ち返り、
目指すべき方向は「生活者に照準を定める」こと...

More...


28.「情報処理力」よりも「情報編集力」

リクルート社から中学校長に転身された事でも著名な
藤原和博さんの教育シンポジウム基調講演のレジュメより。

『情報編集力』

20世紀の成長社会と21世紀の成熟社会の最大の違いは
「みんな一緒の社会」から、「それぞれ一人ひとりの社会」に
変わったということ。

前者では「情報処理力」が大切だったが、
これからは「情報編集力」も兼ね備えなければいけない。
なぜなら「正解が1つではない」からだ。

オンビジネスでも「正解が1つ」という状況は少なくなっている。
そうした場合「知識」を繋げて「最適解」をつくっていく作業が必要だ。

自分だけでなく、関係する他のメンバーも納得するような
「最適解」を導き出すには、自分の知識と経験だけでは難しい。
だからこそ「ネットワーク的学び」が重要である。

上記を踏まえ、大人と子供が「一緒に遊びながら」
「ゲーム的手法」「ロールプレイ」「シュミレーション」等を用いた
学びの機会を創出して行くべきである。

おーーー、これかなり「将来的にやりたい事」のイメージに近くて鳥肌。

[2009.8.18記]

27.己を熟知する

20年来の仲間Kからの言葉。

『己を熟知する』

己の深層・根源を認識し、理解する事で
より適切な自分で居る事が出来る。

また対峙する相手に対しても、
可能な範囲で深層・根源を理解しようとする事で、
不必要な軋轢は軽減される。

[2009.8.15記]

26.日々感動

両親が定期的に送ってくれる冊子に書いてあった言葉。

日々感動...

『同じ話を聞いても、いい話だったという人と、つまらなかったという人がいる。あるいは、路傍に咲く小さな花に足を止めて季節の移ろいを感じ、心弾ませる人もあれば、気づかずに通り過ぎる人もいる。どんなことにもすすんで心を向け、そこに何かを感じ取れる人、周囲のことにあまり関心を示さない人、どちらがより豊かな、潤いある日々を過ごすことができるか。それはいうまでもない。いま一度、人の話には心して耳を傾け、考えてみよう。改めて、日頃何気なく見過ごしている身のまわりのさまざまなものを、じっくりと見つめてみよう。どんな話、どんなものからも、新たな気づきや感動が得られるはずである。そこからさらなる興味や好奇心が湧いてきて、毎日がますます楽しくなってくる。日々感動、日々新鮮、そんな一日一日を送りたい。きょうはどんな新しいことに出遭えるだろうか。あすはどんな面白いことが待っているだろうか』

父さん、母さん、有り難う。
素直にこんな言葉が胸に響くようになりました、長男(笑)

[2009.8.15記]

25.やるか やらないか

日頃お世話になっているアツきHさんから頂いたお言葉。

『出来るか出来ないかより、やるかやらないか』

あれこれと思いあぐねている時間があれば、まず行動。
行動が全ての原点...やってみよう...

この言葉は...

More...


24.初期衝動

アーティストY氏との会話で登場したこの言葉。

初期衝動

芸術・カルチャー全般において、"こうしてみよう"という直感的閃きを
そのまま作品や行動に落とし込む、みたいな感じなのかな。
(あくまで解釈上のイメージ)

そんな直感的閃きの根源は、先天的な感性・後天的な経験値なのだと思う。

※ROCKの原点的思想にも引用されるみたいだな。

[2009.3.29記]

23.家が傾くほどの本を読め

日頃お世話になっている藤沢のHさんから頂いたお言葉。

有限である人生、時間の中で如何に効率的に経験値をあげるか・・・
それはジャンルを問わず、他者の歴史や経験やスキルが凝縮したもの(=本)に
如何に沢山触れ、それを自分で咀嚼し血肉とするか・・・

お恥ずかしい限りだが、30代になってから読書に目覚めた僕。
自分が必要とする沢山の良書に触れて行きたい。

[2009.3.22記]

22.「何となく・・・」を大切に

M先生から頂いたお言葉。

日常の生活の中で「何となく」思ったり、閃いたりして起こす行動。
その「何となく」という「選択」には・・・

単に「直感」というだけでなく「必然」も含まれている事が多い。
だからこそ、その「何となく」を大切に行動に落とし込んでみると、
何かが開けるのでは?という、ヒント。

[2009.3.22記]

21.「提供していること」でなく、お客様が「感じていること」

同じくモチベーション教育に定評のある企業の研修内容より。

大切なのは、サービスを
「提供すること」ではなく、「お客様が感じていること」
全ては「お客様」が基点である。


これは日常生活でも留意するべきことだなぁ、と痛感。

自分が良かれと思い「提供」「与えているつもり」である事も
相手にとって「必要であるか」「受容されているか」を認識しなければ
独りよがりの一方的なものとなってしまう。

[2009.1.19記]

20.「知行合一(ちこうごういつ)」

最近巷で噂のモチベーション教育に定評のある企業の
某講師の方の座右の銘より。

「知行合一」(ちこうごういつ)とは・・・

1.知識をつけることは行動することの始まりであり
2.行動することは、つけた知識を完成させること
3.行わなければ知っているとはいえない
4.知って、行ってこそ本当の知恵、真知である

という意味の言葉。
吉田松陰が松下村塾の掛軸に揚げた言葉。

"思った事をすぐに行動に落とし込む"

[2009.1.19記]

19.万物は一点にはじまる

某先生のお宅で拝見した書籍に記されていた一節。

どんな平面、立体でも「ひとつの点」から始まっている。

世にあるものに満足せずに、自ら何かを創出する際、
その基点となる「一点」を見定める事の重要性と
その「一点」をどう展開するかという方向性が大切とのこと。

「一点」へと絞る作業を悩みつつ、愉しみつつ・・・

[2009.1.17記]

18.小さな「やるべき事」をこなす意味

日常の中に点在する、
「やるべき事」、「やらなければいけない事」「やりたい事」・・・

どんなに些細な事であれ、これらをひとつひとつコンスタントに
積み重ねて行く「感覚の蓄積」を大切にしたい。

[2009.1.1記]

17.セルフエスティーム=自尊心・自己評価

仕事絡みの某リーダー研修で勉強させて頂いた内容より。

セルフエスティーム

和訳すると『自己評価』や『自尊心』っといったところ。


自分の能力を最大に発揮し、
素晴らしいパフォーマンスを生み出すために必要な
ポジティブな自己イメージのこと。

まずは自分自身を知ること。
そして自分が認知している自分と、
自分が望んでいる自分をより近づけ
一致させるような思考プロセス。

自己の“気づき”によって達成される自己概念。

あぁ、日々 自己分析・・・


[2008.10.4記]

16.『人との関わり合い』考

イベントでお力添え頂いた シガーサーバTさんから頂いたメッセージより。

『人との関わり合いが多くなってくると、
一見、効率が悪く、無駄だと思われることが、
実は素晴らしいことだってことに気付くようになるんですよね。
それは、お互い年を取ったってことでもありますけどね・・・(笑)
「30代のオッサンができる事」具現化していきましょうね』

ですよね、僕は僕らしくいきます(笑)
有難う、Tさん・・・

[2008.2.12記]

 | HOME |  »

Calendar

11 « 2007/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
[twitter] P_takashi

   

[twitter] nove+

PVカウンター

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

P_takashi

Author:P_takashi

鎌倉拠点に企画活動、コンセプトは「大人を愉しむ」。 「nove+(イベント企画等)」、「9life(生活雑貨,食,地域に纏わる企画等)」を展開中。日頃は案外真面目な会社員、育児にも奮闘中。最終的には、自らの「経験」「気付き」の全てを「次代の子供達が楽しめることに転化」を目論む。


<information>
相方が店主を務める鎌倉腰越発信のオンラインショップ『9life(ナインライフ)』 陶器、作家作品、雑貨、文具など、日常のひとこまが愉しくなる商品をディレクション 及び厳選販売中 → http://www.9life.jp/



PVカウンター